心臓を休ませる

心臓は生まれた時から死ぬまで休むまもなく動き
続けています。
そのおかげで血液はまんべんなく体に行き渡り
元気に生きていられます。
運動をすると心臓は一生懸命動きドキドキしますし
精神的に不安定で動悸がするときも
心臓がバクバクして心臓がいつも以上に頑張ってくれています。

いろんなシチュエーションはありますが
頑張っている心臓をしっかりと休ませて上げることも大切です。

休ませるといっても心臓を止めるわけには
行きませんので心臓に負担のかからない姿勢でいること
体を横にして寝ることです。

横になるのが一番心臓に負担がないと言われています。

内蔵は止めることができないので養生することが
大切です。しっかり睡眠をとって養生してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA